koko♡kara

koko♡karaではカラダのケアと同時にココロのケアから心身共に「健康」な生活をサポートします。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

回り回って自分に帰ってくるもの

こんばんわHiromiです。
人の発する言葉に優しさを感じる事もあれば、傷つくことも・・・
この投稿 心に残ったのでどうぞ。

お釈迦様と悪口男
あるところに、お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、
ひがんでいる男がいました。
「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」
男はそう言いながら、お釈迦様をギャフンと言わせるための作戦を練っていました。
ある日その男は、お釈迦様が毎日、同じ道のりを散歩に出かけていることを知りました。
そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、 群集の中で口汚くお釈迦さまをののしってやることにしました。
「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、 汚い言葉で言い返してくるだろう。
その様子を人々が見たら、あいつの人気なんて アッという間に崩れるに違いない」
そして、その日が来ました。
男はお釈迦さまの前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。
お釈迦さまは、ただ黙ってその男の言葉を 聞いておられました。
弟子たちは 悔しい気持ちで、「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」
とお釈迦さまにたずねました。
それでも、お釈迦さまは一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。 
男は、一方的にお釈迦さまの悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。
どんな悪口を言っても、釈迦さまは一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。
その様子を見て、お釈迦さまは、 静かにその男にたずねました。
「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」
こう聞かれた男は、 突っぱねるように言いました。
「そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら 贈ろうとした者のものだろう。
わかりきったことを聞くな」
男はそう答えてからすぐに、
「あっ」と気づきました。
お釈迦さまは静かにこう続けられました。
「そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。でも、私はその 罵りを少しも受け取らなかった。
だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ」

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
自分で言った言葉は回り回って自分に帰ってくるもの
幸せをつかんだ人に「おめでとう」と言うと
「おめでとう」と言われるような幸せがやってくる。
良い言葉を使うと自分や周りに良い影響を与える。
逆に、悪い言葉を使うと、 自分だけではなく周りにまで、
悪い影響を与えてしまう。
人の口は恐ろしく無責任なもので噂とか陰口を言う人もいれば
図太い神経の持ち主で、 目の前にいる相手に向かって、 直接ひどいことを言う人もいます。
自分を非難されるようなことを言われたら、たいていの人が、ダメージを受けます。
傷ついて落ち込んでしまったり、 腹が立ってイライラしたりすることも、あるでしょう。
でも、お釈迦さまは、違いました。人前で恥をかかされることを言われても、
ちっとも動じません。
その場を立ち去ることもせず、じっと相手の話を聞いているのに、 口応えもしません。
それでいて、まったく傷ついたり怒ったりしないのです。
お釈迦さまは、相手の言葉を耳に入れても、 心までは入れず、鏡のように跳ね返しました。
ですから、まったくダメージを受けないのです。
言葉は時として、人の心を傷つけることのできるナイフになります。
しかし、心がナイフより固くて強ければ、 痛くもかゆくもないのです。
ひどいことを言う相手を責めても、 仕方ありません。
それより、自分のやるべきことをやったり 自分の心を強くする方が、
簡単で効果的なのです。

スポンサーサイト

| BLOG | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://kokokara117.blog.fc2.com/tb.php/37-5790110a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>